恐竜(動物)の種類 草食

ヤマトサウルス(Yamatosaurus)

今から約7,190万年前(白亜紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。

 

名前の由来

ヤマトサウルスは「大和のトカゲ」という意味。

化石は日本の淡路島で発見されており、古代の言葉で日本を意味する大和(ヤマト)から名づけられました。

 

サイズ

体長は約7~8m。体重はおよそ4~5t。

 

その他特徴

化石は日本の淡路島で発見されました。

ハドロサウルスの仲間ですが、歯のつくりなどは他のハドロサウルス類とは違っていました。

ヤマトサウルスは原始的なハドロサウルスと考えられており、ハドロサウルスが繁栄していたのはアジアだったのではないかと考えられています。

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5