恐竜(動物)の種類 肉食

ナノティラヌス

今から約6,700万年前(白亜紀)に生息していたティラノサウルス類の肉食恐竜です。

 

■名前の由来

ナノティラヌスは「小さな暴君」という意味。

小型のティラノサウルスのように見られていたことが由来です。

 

■サイズ

体長約7m。体重はおよそ1t。

 

■その他特徴

ナノティラヌスについては、そもそもそういう恐竜がいたのかで意見が分かれています。

というのも、最近の研究で、ナノティラヌスと名付けられた化石は若いティラノサウルスだったのではとの見方が強くなっているからです。

ナノティラヌスの化石(骨)に成長途中だった形跡が見られたことが大きな要因。

もちろん、今後ナノティラヌスの成熟個体が見つかるかもしれませんが、現状は若いティラノサウルスとの見方が強いようですね。

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-, ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5