恐竜(動物)の種類 肉食

ディノニクス

今から約1億1,500万年前(中生代白亜紀前期)に生息していた肉食恐竜。

後ろ足の大きな鉤爪(カギヅメ)が武器。

■名前の由来

ディノニクスは直訳すると「恐ろしい鉤爪(カギヅメ)」となります。

特徴をそのまま名前にしてあるだけなのになんでこんなカッコいい名前になるんでしょうかね。

■サイズ

体長は約2.5~4m、体重はおよそ50~70kg。

そして、名前にもある特徴的な後ろ足の鉤爪。その大きさは15cmもあったそうです。体調から考えるとかなりの大きさ。

■その他特徴

ディノニクスは大きな脳を持っており、知能が高かったのではと推測されています。 さらに、化石が集団で発掘されていることから、群れを作り行動していたのではないかと見られています。

また、骨格から時速50km前後の速度で走ることができたそうです。

見た目は違いますが、何となくヴェロキラプトルと似たイメージ。こういうタイプの恐竜は絶対人気出ますよね。

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5