恐竜(動物)の種類 肉食

シュヴウイア

今から約7,500万年前(白亜紀)に生息していた獣脚類の恐竜です。

名前の由来

シュヴウイアはモンゴル語で「鳥」という意味。

化石が発見されたのがモンゴルであること、その鳥のような姿が由来です。

サイズ

体長は約60㎝。体重はおよそ2㎏。かなり小型でした。

その他特徴

後足が細くて長く、かなり早く走れるような作りでした。

前足は短く、獣脚類の恐竜は通常3本のかぎづめがありますがシュヴウイアには1本しかありませんでした。

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-, ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5