恐竜(動物)の種類 草食

サルタサウルス

今から約8,000万年前(白亜紀)に生息していた草食の竜脚類恐竜です。

 

名前の由来

サルタサウルスは「サルタのトカゲ」という意味。

サルタとは化石の発見されたアルゼンチンの地名です。

サイズ

体長は約13m。体重はおよそ7t。

 

その他特徴

化石はアルゼンチンで発見されました。

背中は豆粒ぐらいの大きさの骨の粒とこぶしほどの大きさの骨板で覆われており、敵から身を守っていたと考えられています。

また、竜脚類ですが首が短くずんぐりした手足でした。

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5