恐竜(動物)の種類 草食

ケントロサウルス

今から約1億5,000万年前(ジュラ紀)に生息していた剣竜類の恐竜です。

 

■名前の由来

ケントロサウルスは「スパイクのトカゲ」という意味。

近縁種であるステゴサウルスは背中に板状の突起がありましたが、ケントロサウルスはそれが棘状であったことが由来です。

 

■サイズ

体長は約4m。体重はおよそ1.5t。

ステゴサウルスに比べると小柄ですね。

 

■その他特徴

背中の突起が板状であるステゴサウルスはその用途に体温調整の可能性があると考えられていますが、棘状であるケントロサウルスは敵から身を守ることにのみ使用していたと考えられています。

また、歯の数が少ないことから、柔らかい草や葉を食べていたようです。

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5