その他雑談とか

世界最小!?の恐竜の頭部が発見された!

ミャンマーの北部の、約1憶年前(白亜紀)の地層から鳥のような小型恐竜の頭部が入った琥珀が発見されました!

ハチドリ並みに小さい恐竜 頭部入り琥珀発見―ミャンマー

 

この写真の右側に映っているのがその頭部でしょうか…すげぇ、そのまんまの状態ですねw

 

驚くべきはそのサイズ。クチバシを含んでも長さが約15ミリ!

 

15センチではなく15ミリですからね。

 

ついこの間、世界最小の恐竜を紹介したと思ったのに、どうやら記録更新されそうなくらいの小ささ。

 

ちなみに、学名は「オクルデンタビス・カウングラアエ」とされたそうです。

 

鳥のようにも見えますがクチバシの部分には歯が生えており、昆虫などを食べていたのかも…なんて想像されています。

また、目の周囲の構造から昼間に行動していたようだとも。

 

これから研究が進んで色々と分かってくるんでしょうけど、これだけはっきりした状態で残っているというのはすごいですね。

-その他雑談とか
-

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5