恐竜(動物)の種類 肉食

ワキノサウルス

今から約1憶3,000万年前(白亜紀)に生息していた肉食の獣脚類恐竜です。

 

名前の由来

ワキノサウルスは「脇野のトカゲ」という意味。

化石が発見された福岡県は宮田町の脇野亜層群に由来します。

また、発見者が佐藤正弘さんという小学校の先生であることから「ワキノサトウリュウ」という愛称もあります。

 

サイズ

サイズ不明。

 

その他特徴

化石は福岡県で発見されました。

大きな歯の化石が見つかっていて、半分ほどかけた状態で5.3㎝の大きさです。

発見当初はメガロサウルス科とされていましたが、現在は新獣脚類と考えられています。

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-, , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5