恐竜(動物)の種類 肉食

ロウリンハノサウルス

今から約1億5,000万年前(ジュラ紀)に生息していた肉食の獣脚類恐竜です。

 

名前の由来

ロウリンハノサウルスは「ロウリニャンのトカゲ」という意味。

化石が発見されたポルトガルのロウリニャン層という地層の名前の由来します。

 

サイズ

体長は約4.5m~最大10m程度。体重はおよそ160kg。

 

その他特徴

化石はポルトガルで発見されました。

胃の中には胃石がありました。

大型の肉食恐竜で、同時代に生息していたトルボサウルスやアロサウルス等と競合していたと考えられています。

 

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-, , , , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5