恐竜(動物)の種類 肉食

ルーティオドン

今から約2億3,000万年前(三畳紀)に生息していた肉食の植竜類です。

 

名前の由来

ルーティオドンは「シワのある歯」という意味。

その名の通り歯の特徴に由来します。

 

サイズ

体長は約3~8m。体重は不明です。

 

その他特徴

化石はアメリカで発見されました。

ワニのような見た目ですがワニの仲間ではありません。鼻の穴が目の近くにありました。

この特徴から、水辺で暮らしており主に魚を捕食していたようですが浅瀬で陸上の動物も捕食していたとも考えられています。

 

 

 

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-, , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5