その他雑談とか

モスコプス

今から約2億6,500万年前に生息していた生物。南アフリカに生息していました。

 

■名前の由来

モスコプスは「仔牛の頭」という意味。

 

■サイズ

体長約2~5m。体重はおよそ450㎏。

 

■その他特徴

モスコプスは頭が大きく、さらに頭骨は厚さ10cmもありました。

その頭を使って、仲間同士で打ち付けあう習慣のようなものがあったのではとも考えられています。

-その他雑談とか
-,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5