恐竜(動物)の種類 草食

パキケファロサウルス

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた草食恐竜です。

石頭の恐竜で有名ですね。

ジュラシックワールド 炎の王国でも主人公が牢を脱出するときに活躍してくれてました。

■名前の由来

パキケファロサウルスは直訳すると「分厚い頭のトカゲ」。

そのまんまですねw

■サイズ

体調は約4~8m。体重はおよそ250~800kgほどでした。

そしてあの特徴的な頭骨の厚さは何と約25cmもあったそうです。

イメージ通り、めちゃくちゃ硬そうですね…

■その他特徴

パキケファロサウルスといえばあの頭で頭突きをして敵と戦っていたイメージがありますが、実はそうではなかったのかもしれません。

体の作りを研究していくと、もし頭突きをしたりしていたら頸椎が脱臼したり骨折する可能性が大きいことが分かりました。

なので、あの頭部は見せびらかすためのディスプレイのような役割だったのではと考えられています。

ですが!パキケファロサウルスは全身骨格が少ない割に頭骨は完全な形で見つかることが多いそうで、頭骨が他の骨格より頑丈だったとの見方もあり、頭突きしてた説もないわけではなさそうです。

-恐竜(動物)の種類, 草食
-,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5