恐竜(動物)の種類 肉食

ハルシュカラプトル(Halszkaraptor)

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた肉食の獣脚類恐竜です。

 

名前の由来

ハルシュカラプトルは「ハルシュカの泥棒」という意味。

ハルシュカとは近縁の獣脚類恐竜発見者でポーランドの古生物学者ハルシュカ・オスモルスカのことです。

 

サイズ

体長は約60㎝。体重は不明です。

 

その他特徴

化石はモンゴルで発見されました。

体の特徴から、水陸どちらでも活動できたと考えられています。

口には魚の捕獲に適した歯があり、ヒレのような前脚があったため水中でも活動ができたようです。

後足は自分の体重を支えることができるほどしっかりしており、陸上での活動に適した作りです。

 

 

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-, , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5