恐竜(動物)の種類 草食

ネドケラトプス

今から約6,700万年前(白亜紀)に生息していた草食の角竜です。

 

名前の由来

ネドケラトプスは「不十分な角のある顔」という意味。

角竜と言えば額の2本と鼻の上にある合計3本の角が特徴ですが、ネドケラトプスには鼻の上の角が無かったためこう名付けられました。

 

サイズ

体長は約9m。体重は不明です。

 

その他特徴

化石はアメリカで発見されました。ケラトプス科の中では最大級の大きさです。

体の大きさ等、トリケラトプスと似ている点が多く、発見当初は何らかの原因で鼻の上の角を失くしたトリケラトプスではないかと考えられていました。

 

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5