恐竜(動物)の種類 肉食

ヌンダスクス

今から約2億4,000万年前(三畳紀)に生息していた肉食の主竜類、ワニ類の生物です。

 

名前の由来

ヌンダスクスは化石が発見されたタンザニアの言語スワヒリ語で「捕食者」を意味する nunda(ヌンダ)と古代ギリシャ語で「ワニ」を意味するsoukhos(スクス)を合わせた言葉です。

 

サイズ

体長は約3m。体重は不明です。

 

その他特徴

化石はタンザニアで発見されました。

この時代では上位の捕食者であったと考えられています。

体のつくりから瞬間的に素早く動くことができ、身を潜めて獲物が近づいてきたところを捕食していたと考えられています。

 

 

 

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-, , , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5