恐竜(動物)の種類 肉食

ドロマエオサウルス

今から約7,600万年前(白亜紀)に生息していた肉食の獣脚類恐竜です。

名前の由来

ドロマエオサウルスは「走るトカゲ」という意味。

サイズ

体長は約2m。体重はおよそ15㎏。小型の恐竜でした。

その他特徴

化石はカナダで見つかりました。

脚には鋭い鉤爪がついており、口の中はたくさんの歯がありました。

鉤爪も十分な武器だったようですが、どちらかというと噛む力がかなり強かったと想定されている顎を使って噛みつく攻撃の方が主であったと考えられています。

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-, ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5