恐竜(動物)の種類 肉食

デルタドロメウス

今から約9,500万年前(白亜紀)に生息していた中型の肉食恐竜です。

 

■名前の由来

デルタドロメウスは「三角州の疾走者」という意味。

足が速かったとみられており、そこからこの名前が付いたようです。

 

■サイズ

体長は約8m。体重はおよそ1.5t。速く走れるのは体重が軽かったからでしょうか。

 

■その他特徴

デルタドロメウスが生息していた時代にはカルカロドントサウルス等の肉食恐竜がいましたが、カルカロドントサウルスが大型の草食恐竜を捕食するのに対しデルタドロメウスは小型~中型の草食恐竜を捕食していたため上手く共生出来ていたようです。

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-, ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5