恐竜(動物)の種類 草食

デイノケイルス

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた草食の恐竜です。

 

■名前の由来

デイノケイルスは「恐ろしい手」という意味。

確かに大きな手が特徴的ですね。

 

■サイズ

体長は約11m。体重はおよそ6t。

そして大きな手、腕だけで2.4mもありました。デカい!長い!

 

■その他特徴

デイノケイルスには歯がありませんでした。そのため胃には胃石があり、食べたものは胃石も使って消化していたと考えられています。

また、草食とみられていますが胃からは魚の骨も見つかっており、雑食性であったのではとされています。

-恐竜(動物)の種類, 草食
-,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5