恐竜(動物)の種類 肉食

ディモルフォドン

今から約1憶9,000万年前(ジュラ紀)に生息していた翼竜です。

頭が大きいですね。

 

■名前の由来

ディモルフォドンは「二形の歯」という意味。

ディモルフォドンの口には長さの違う2種類の歯があり、そこから名付けられました。

 

■サイズ

体長(翼を開いた全長)は約1.4m。体重はおよそ2kg。

体は小さいですが頭が大きかったので、歩くのは苦手だったと考えられております。

 

■その他特徴

特徴的な歯の生え方から魚を食べていたとみられていますが、実は飛ぶこともあまり得意ではなさそうで、昆虫や陸上の脊椎動物も食べていたかもとされています。

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5