恐竜(動物)の種類 草食

テノントサウルス

今から約1憶1,500万年前(白亜紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。

 

名前の由来

テノントサウルスは「腱(けん)のトカゲ」という意味。

背中と尻尾の発達した腱にちなんで名づけられました。

 

サイズ

体長は約6.5~8m。体重はおよそ1~2t。

 

その他特徴

化石はアメリカで発見されました。原始的なイグアノドンの仲間であると考えられています。

イグアノドンのように口の先にクチバシがあり、顎には歯もありました。植物をすりつぶすために使われていたと考えられています。

化石が発見された同じ場所からデイノニクスの化石も発見されており、特に幼体はデイノニクスに捕食されていた可能性があります。

 

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5