恐竜(動物)の種類 草食

テコドントサウルス

今から約2億300万年前(三畳紀)に生息していた草食の原竜脚類恐竜です。

 

名前の由来

テコドントサウルスは「歯槽のあるトカゲ」という意味。

現在のトカゲのように歯の根が顎の骨と融合しておらず、別々の歯槽に配置されていたという特徴に由来します。

 

サイズ

体長は約1.2~2.5m。体重は約11~40㎏。

 

その他特徴

化石はイングランドで発見されました。

サイズの通りかなりほっそりした体形で、走るのが速かったと考えられています。

前足、後足に指が5本ありました。

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5