恐竜(動物)の種類 草食

チュネルペトン

今から約1憶5,000万年前(ジュラ紀)に生息していた草食の両生類の生物です。

 

名前の由来

チュネルペトンは「初期の這うもの」という意味。

サンショウウオのような見た目に由来していると思われます。

 

サイズ

体長は約20㎝。体重は不明です。

 

その他特徴

化石は中国で発見されました。

発見された地域は火山活動が活発だったようで火山灰で生き埋めとなった個体の化石が大量に発見されています。

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5