恐竜(動物)の種類 草食

シャントゥンゴサウルス

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた草食の恐竜。

ハドロサウルスの仲間です。

名前の由来

シャントゥンゴサウルスは「山東(シャントン)のトカゲ」という意味。

中国の山東省で化石が発見されたことが由来です。

サイズ

体長は約15m。体重は最大のもので15tにもなったそうです。

その他特徴

体長が15mもありますが、この種類の恐竜の中では最大の大きさです。

頭骨だけで1.6mもの大きさでした。

鼻孔の近くに穴があいており、その辺りの皮膚を膨らませて音を出していたのではと考えられています。

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5