恐竜(動物)の種類 肉食

カルノタウルス

今から約7,000万年前(白亜紀後期)に生息していた肉食恐竜です。

極端に短い手が特徴的です。

■名前の由来

カルノタウルスを直訳すると「肉を食べる牛」。

え?牛?

目の上に角みたいに見える部分があるから、牛のようにも見えたのかもしれませんね。

■サイズ

体長は7~9m。体重はおよそ1.5~2t。

ティラノサウルスに比べると一回り小さいようですが、その分、足は速かったみたいです。

■その他特徴

気になるのはやっぱりその手。いや前足?

こんなに短く退化してしまっているので使い道は特になかったと思われるのですが、意外と発達した筋肉がついていたという説もあり、何か使い道があったかは今後分かってくることがありそうですね!

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5