恐竜(動物)の種類 草食

カムイサウルス(むかわ竜)

今から約7,300万年前(白亜紀)に生息していた草食の恐竜です。

 

名前の由来

カムイサウルスは化石発見当初「むかわ竜」と呼ばれていました。

これは化石が発見された北海道むかわ町に由来します。

このむかわ竜が2019年に新種と認定され、カムイサウルス・ジャポニクスと名付けられました。

カムイとはアイヌ語で「神」という意味を表しています。

 

サイズ

体長は約8m。体重はおよそ5t。

 

その他特徴

カムイサウルスの化石は全身骨格が見つかっています。

全身骨格の見つかった中では最大の大きさの恐竜です。

海の近くの地層から発見されたこともあり、海岸線近くに生息していたのではと考えられています。

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5