恐竜(動物)の種類 草食

カスモサウルス

今から約7,600万年前(白亜紀)に生息していた草食恐竜です。

 

■名前の由来

カスモサウルスは「穴のあいたトカゲ」という意味。

頭の上の大きなフリルに穴があいていたことに由来します。

 

■サイズ

体長は約5m。体重はおよそ2t。

 

■その他特徴

化石を見るとフリルの2つの穴がかなり特徴的ですが、ほとんどの角竜にはあるため実は珍しいものではありません。(ちなみに、トリケラトプスにはこの穴はありません)

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5