恐竜(動物)の種類 肉食

エラスモサウルス

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた首長竜です。

 

■名前の由来

エラスモサウルスは「リボンのトカゲ」という意味だそうです。

 

■サイズ

体長は約14m。体重はおよそ25t。

気になる首の長さは何と8m!体の半分が首!

 

■その他特徴

ながーい首ですが、76個もの骨でできていました。ちなみに、キリンの首の骨は7個だそうですからどんだけ長いかが分かりますね。

泳ぎはあまり得意ではなかったようですが、この長い首を使って魚を取って食べていたようです。その他に、胃の内容物から翼竜を捕らえて食べていたこともわかってます。

…翼竜まで届いちゃうんですね。

-恐竜(動物)の種類, 肉食
-,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5