恐竜(動物)の種類 草食

エドモントニア

今から約7,500万年前(白亜紀)に生息していた草食のヨロイ竜。

背中のまわりのスパイクが特徴的です。

 

■名前の由来

エドモントニアは「エドモントン産」という意味。

化石が発見されたカナダのアルバータ州にある都市の名前に由来します。

 

■サイズ

体長約7m。体重はおよそ1~3t。

 

■その他特徴

エドモントニア、背中は硬くスパイクもあるのですが、お腹は無防備なためひっくり返されないよう敵が来た際は伏せてやり過ごしたのではないかと考えられています。

また、他のヨロイ竜に比べて足が長く、意外と速く動けたのではとみられてます。

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5