恐竜(動物)の種類 草食

イグアノドン

今から約1憶2,600万年前(白亜紀)に生息していた草食恐竜です。

最初期に発見された恐竜で、発見された当初はまだ恐竜という言葉もありませんでした。

 

■名前の由来

イグアノドンは「イグアナの歯」という意味。

イグアノドンの歯の化石を発見したマンテルさんがイグアナの歯と似ていることから名付けました。

 

■サイズ

全長は約7~9m。体重はおよそ5t。

そして特徴的なのは前足の親指。長さ約15cmもあったそうです。

 

■その他特徴

イグアノドンの名前が、その歯がイグアナの歯と似ていることからと書きましたが、実際のイグアナとイグアノドンは生物学的にはなんにも関係ありません。ホントに歯が似てるだけ。

長い親指については使用方法に諸説あって、肉食恐竜に襲われた時にそれを武器に抵抗していたのではとか、木の葉を食べる際に自分の方へ引き寄せるために使用していたのでは等あります。

-恐竜(動物)の種類, 草食
-,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5