恐竜(動物)の種類 草食

アンフィコエリアス

今から約1憶5,000万年前(ジュラ紀)に生息していた草食の竜脚類恐竜です。

 

名前の由来

アンフィコエリアスは「両端がくぼんだ脊椎」という意味。

脊椎の化石の特徴が由来です。

 

サイズ

体長は約25m。体重は不明ですが、ディプロドクスと同じ程度の大きさだったと考えられています。

 

その他特徴

化石はアメリカで発見されました。

脊椎骨のが2.4mありそこから計算すると体長が60m、体重がおよそ150tという超大型の恐竜だったのではという説もありました。

ですが、肝心の脊椎骨がその後紛失されており不十分な記録しか残ってないことや、サイズは書き間違いだったのではとの説から上記の大きさであるかははっきりしていません。

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5