恐竜(動物)の種類 草食

アルベルタケラトプス

今から約7,700万年前(白亜紀)に生息していた草食の角竜です。

 

 

名前の由来

アルベルタケラトプスは「アルバータのケラトプス(角を持つ顔)」という意味。

化石が発見されたカナダのアルバータ州という地名が由来です。

 

サイズ

体長は約5~6m。体重はおよそ3.5t。

 

その他特徴

化石はカナダで発見されました。

目のすぐ上、人間でいうと眉のあたりにある角とフリルの一番上にある角が特徴です。

発見当初はメドューサケラトプスとも呼ばれていました。(現在メドューサケラトプスは別の恐竜の名前となっています)

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5