恐竜(動物)の種類 草食

アルゼンチノサウルス

今から約9,500万年前(白亜紀)に生息していた草食恐竜です。

世界で一番大きな恐竜です。

 

■名前の由来

アルゼンチノサウルスは「アルゼンチンのトカゲ」という意味。

アルゼンチンで発見されたことからこの名前になりました。まんまですね。

 

■サイズ

全長約35m、体重はおよそ80t。でかい。でかすぎる。

■その他特徴

アルゼンチノサウルスはその大きさゆえに足音も大きく、肉食恐竜から発見されやすかったとされています。が、さすがに大きすぎて肉食恐竜も手が出せなかったようです。攻撃効かなそうなくらいの大きさですもんね。

また、これだけの大きさですから気になるのはその食事の量。

なんと、1日1tもの草を食べていたそうです。1日…1t…すげぇ。

-恐竜(動物)の種類, 草食
-,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5