恐竜(動物)の種類 草食

アラモサウルス

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた草食の竜脚類恐竜です。

 

名前の由来

アラモサウルスは「アラモのトカゲ」という意味。

化石が発見されたアメリカはニューメキシコ州のオホアラモ累層に由来します。

 

サイズ

体長は約37~45m。体重はおよそ80t。

ですが、サイズについてははっきりしていません。

 

その他特徴

化石はアメリカで発見されました。

アルゼンチノサウルスにも並ぶ巨大な恐竜です。

このアラモサウルスですが、大腿骨の化石から6,480万年前にも生息していた形跡がありました。つまり、6,550万年前の恐竜大絶滅の後にも生き残っていたことになります。

ですが、約70万年というのは誤差の範囲ともいえる年月であり、まだ生き残っていたと言い切れるレベルの話ではないようです。

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5