恐竜(動物)の種類 草食

アビドサウルス

今から約1憶1,200万年前(白亜紀)に生息していた草食の竜脚類恐竜です。

 

名前の由来

アビドサウルスは「アビドスのトカゲ」という意味。

アビドスとはナイル川にあった古代の都市の名前で、アメリカで発見されたこの恐竜の化石も同様の場所(河川の近く)から発見されたことに由来します。

 

サイズ

体長は約15m。体重は不明です。

 

その他特徴

化石はアメリカのユタ州で発見されました。ブラキオサウルスの仲間です。

同じ竜脚類ですがブラキオサウルスに比べ歯がかなり小さいです。

歯が小さいのは歯は何度も生え変わるため小さい方が体のエネルギーを必要としないという説や、小さい方が口の中の歯の数を増やせるため植物を食べるのに向いていたためという説などがありますがはっきりとしたことはわかっていません。

 

 

-恐竜(動物)の種類, 草食
-, , , , ,

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5