鳥脚類

ヒプシロフォドン

今から約1憶3,000万年前(白亜紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。   名前の由来 ヒプシロフォドンは「高い隆起を持つ歯」という意味です。   サイズ 体長は約2.4m。体 ...

アルティリヌス

今から約1億700万年前(白亜紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。   名前の由来 アルティリヌスは「高い鼻」という意味。 その名の通り、突き出でるような形の大きな鼻をしていました。 & ...

オウラノサウルス

今から約1憶2,500万年前(白亜紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。   名前の由来 オウラノサウルスは「勇敢なトカゲ」という意味。     サイズ 体長は約7m。 ...

コリトサウルス

今から約7,700万年前(白亜紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。   名前の由来 コリトサウルスは「コリト式のトカゲ」という意味。 頭のトサカ部分が古代ギリシャの部族コリト族の兜の形に ...

カンプトサウルス

今から約1憶5,400万年前(ジュラ紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。   名前の由来 カンプトサウルスは「曲がったトカゲ」という意味です。   サイズ 体長は約5~7m。体 ...

アギリサウルス

今から約1憶6,800万年前(ジュラ紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。   名前の由来 アギリサウルスは「すばしっこいトカゲ」という意味。 小柄な体形に合った名前ですね。   ...

ドリオサウルス

今から約1憶5,500万年前(ジュラ紀)に生息していた草食の新鳥脚類恐竜です。   名前の由来 ドリオサウルスは「樫(オーク)のトカゲ」という意味。 森林に生息していたと考えられていたことが ...

オロロティタン

今から約7,500万年前(白亜紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。 名前の由来 オロロティタンは「巨大な白鳥」という意味。 この種の特徴である嘴が白鳥のようだったことからこの名前が付いたようです。 ...

ハドロサウルス

今から約8,000万年前(白亜紀)に生息していた鳥脚類の恐竜です。 名前の由来 ハドロサウルスは「頑丈なトカゲ」という意味。 化石からがっちりとした胴体をしていたようでこの名前になりました。 サイズ ...

サウロロフス

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた草食の恐竜。   ■名前の由来 サウロロフスは「隆起(トサカ)のあるトカゲ」という意味。 鼻の上にトサカがあります。   ■サイズ 体長は約9~13m。 ...

© 2022 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5