白亜紀の恐竜

テスケロサウルス(Thescelosaurus)

今から約6,600万年前(白亜紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。   名前の由来 テスケロサウルスは「驚くべきトカゲ」という意味。   サイズ 体長は約2.5~4m。体重はお ...

チュブティサウルス(Chubutisaurus)

今から約1億1,200万年前(白亜紀)に生息していた草食の竜脚類恐竜です。   名前の由来 チュブティサウルスは「チュブのトカゲ」という意味。 化石が発見された地名、アルゼンチンはパタゴニア ...

ザルモクセス(Zalmoxes)

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた草食の鳥脚類恐竜です。   名前の由来 ザルモクセスは、化石が発見されたルーマニアの民族タギア人の神ザルモクシスに由来します。   ...

コアフイラケラトプス(Coahuilaceratops)

今から約7,200万年前(白亜紀)に生息していた草食の角竜です。   名前の由来 コアフイラケラトプスは「コアフイラの角のある顔」という意味。 化石の発見されたメキシコのコアウイラ砂漠という ...

エルリアンサウルス(Erliansaurus)

今から約7,200万年前(白亜紀)に生息していた草食の獣脚類恐竜です。   名前の由来 エルリアンサウルスは「エリアンのトカゲ」という意味。 化石が発見された中国の内モンゴル自治区にあるエリ ...

シノルニトイデス(Sinornithoides)

今から約1億2,000万年前(白亜紀)に生息していた肉食の獣脚類恐竜です。   名前の由来 シノルニトイデスは「中国の鳥に似たもの」という意味。 その名の通り、体形が鳥類に似ていることから名 ...

アンペロサウルス(Ampelosaurus)

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた草食の竜脚類恐竜です。   名前の由来 アンペロサウルスは「ブドウのトカゲ」という意味。 化石の発見地がフランスで、ブランケット ドゥ リムー ...

アルギロサウルス(Argyrosaurus)

今から約7,000万年前(白亜紀)に生息していた草食の竜脚類恐竜です。   名前の由来 アルギロサウルスは「銀のトカゲ」という意味。 化石発見地のアルゼンチンが銀の地と呼ばれていたことが由来 ...

アンキケラトプス(Anchiceratops)

今から約7,200万年前(白亜紀)に生息していた草食の角竜です。   名前の由来 アンキケラトプスは「同じ角のある顔」という意味。 化石発見当初、モノクロニウスとトリケラトプス両方の祖先であ ...

ネイモンゴサウルス(Neimongosaurus)

今から約7,200万年前(白亜紀)に生息していた草食の獣脚類恐竜です。   名前の由来 ネイモンゴサウルスは「内モンゴルのトカゲ」という意味。 化石が発見された内モンゴル自治区が由来です。 ...

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5