サルトプス

サルトプス

今から約2億1,000万年前(三畳紀)に生息していた小型の爬虫類です。肉食でした。   名前の由来 サルトプスは「跳ねる足」という意味。 発見された前脚、後脚の化石から小型であったことや骨に ...

© 2021 恐竜マンblog Powered by AFFINGER5